水なし印刷とは?

「湿し水」の代替として「シリコーン」を利用したオフセット印刷システムです。
この印刷方式では「環境への配慮」や「高品質」に加え「生産性の向上」が可能になる画期的な印刷方式です。

水なし印刷の基本的な構造 PS版との比較

均一なシリコーンゴムが水膜の代わりに

均一なシリコーンゴムが水膜の代わりに PS版を使用した、従来の印刷方法には、「安定感」や「環境配慮」といった意味で大きな問題がありました。具体的には、「湿し水の影響により従来PS印刷は品質が安定せずに困る」「従来PS印刷は、湿し水の調整で機械が頻繁に止まる」「湿し水には、IPA(イソプロピルアルコール)やH液が混入しており、環境保全に適していない」等です。水なし印刷とは、「湿し水」の代替として「シリコーンゴム」を利用した印刷システムです。この印刷方式により、「環境への配慮」や「高品質」に加え「生産性の向上」が可能になる画期的な印刷方式です。